くるみ整骨院  東豊中 

肩こり頭痛 腰痛 膝痛 捻挫に特化した治療院 超音波治療  ダイエット

剣道部を訪問

高校の剣道部を訪問してきました
「怪我の予防」と題して、腰痛予防トレーニング、ストレッチ、マネージャーへのテーピング指導とケガへの対応など、2時間の内容
和やかなムードの中、日頃行っているストレッチ、筋トレをしてもらい、改善点をアドバイス
メニューを変えることなく、フォームを少し変えるだけで、大きな効果を得ることができます。
何故、このトレーニングは腰を痛めるのか、どの筋肉をストレッチすれば腰痛予防になるのか?
何故を理解することでメニュープランも内容のあるものになり、効果も実感できると思います。
また、マネージャーの役割も重要
選手の体を管理してあげることで、選手自身は安心感を覚え試合時のメンタル面でも安定します。
テーピングでもフィットするテーピングは守られていると安心感を覚えるとともに、選手とマネージャとの信頼関係がより深く生まれます。
今後も、選手が最高のパフォーマンスを試合で発揮できるように、陰ながらではありますが応援していきたいと思います。

スポンサーサイト

神戸製鋼灘浜グランドにてラグビー

IMG_8117.jpg

神戸製鋼ラグビー部が使用するグランドで草ラグビーの試合に出かけてきました
写真に写っている選手、皆様60代以上の方々です。
60代は赤パン、70代は黄色パンツ、80代は紫
この試合の中には、60代、70代、80代の選手が混ざって試合しています。
もちろんパンツの色でタックル禁止などあります。
しかし、皆さん試合が始まると本気です。
突進してタックル受けて、転倒して、走って
すごい
怪我も多いですが、それ以上の体の喜びを感じてプレーしている姿が格好良い
その後の私達30代40代の試合は大きな怪我もなく無事終了
怪我のないことに感謝です

手作り湿布の効果

今ではあまり見かけなくなった希少価値の高い手作り湿布
市販の湿布との違いは何?
一番のメリットはかぶれない。
二番目に炎症の熱を吸収した湿布はパリパリに乾く為、交換の目安が分かりやすい。
三番目に愛情がこもっている。
これだけのメリットがあるのに、手間と費用がかかり、作り方を知らない先生方が多いようで絶滅の危機にあります。
私も、小学生の頃に捻挫をして接骨院に通っていましたが、その時にこの湿布をしてもらっていた事だけは覚えています。
思い出に残る治療でした。
当院ではこの手作り湿布を取り入れていきます。

作り方
①油紙を用意する
DSC_0105.jpg

②ガーゼを油紙の上に載せる
DSC_0107.jpg

③ガーゼの上に湿布剤を塗る
DSC_0108.jpg

④塗った表面は直接患部に触れないように、ガーゼを裏返して油紙と引っ付けます。
 それを、患部に置く
DSC_0112.jpg

⑤このままでは落ちるので包帯で固定
DSC_0120.jpg

完了です。
手間はかかりますが、早く痛みが改善されるならば時間と費用は惜しみません。
その分、存分にプレーを楽しんでください。

たかがつき指、されどつき指

常にデジカメを持ち歩き、選手に怪我の写真にご協力を頂いております。
皆様、痛いのにご協力ありがとうございます。
勉強になります。
IMG_7408.jpg
小指のつき指 横から
IMG_7409.jpg
小指のつき指 上から

練習中につき指された選手
つき指されて、数日で治るだろうと思っていたら、3週間経過しても腫れが治まらないとのこと。
触ってみると小指の曲がりも悪い。
曲げれるが、伸ばせない。
このパターンは良く陥るタイプのつき指。
マレットフィンガーと言います。
mallet_finger_02.gif

これって、剥離骨折の恐れもあるので、レントゲン検査、もしくは固定をしっかりしておかねばならない。
この固定方法がポイント。
mallet_finger_04.gif

腫れている関節の部分を伸ばしたまま固定する。
あるいは手術になることもある。
指のつき指は慎重に見立てることが必要。
先ずはレントゲン検査をしましょう。
つき指だと言って指を伸ばしていたらダメですよ。




監督とトレーナーの連携が鍵

最近は野球少年でも肘が痛いと言えば、監督も痛みが無くなるまで休ませてくれるらしい。
しかし、高校生になれば痛みがあっても無理して練習に参加する。
ポジション争いが熾烈なクラブチーム程その傾向は強い
その為、通院回数も少なく、完治でない状態で復帰する。
これは、将来的に良くない。
今は無理がきくが、1年後、2年後本当にレギュラーとして出たい時に痛みを再発させて治りが長引く場合が多い。
そこの判断は監督よりもトレーナーがするべきだ。
トレーナーがいないクラブは監督判断と言うより、選手任せと言うことが多い。
トレーナーが選手の健康状態を把握して、監督はそれを基に選手の練習メニューや試合で使うかどうかを判断することが望ましい。
今がよければ無理してでも良いではなく、故障なく将来も十分プレーできる体にしておかなければならない。
特に、肩や腰を傷めてリタイヤした選手は多い。
その多くが高校時代に無理をしていたことを話してくれる。
私の理想は、小、中、高クラブチームにはトレーナーを入れること。
それが勝利の近道かも

 | HOME |  »

プロフィール

院長

Author:院長
院長の井上です

当院のホームページにアクセスして頂きましてありがとうございます。

触診に自信あり
私は触診で痛みの原因を見つけることが出来ます
痛みの原因を見つけることが一番大切です
原因に対して治療をする事で早い効果を得ることが出来ます
マッサージだけ、電気だけなどはいたしません
問診→触診→原因発見→超音波治療→マッサージ→電気治療→トレーニング(希望者)

整形外科勤務
アメリカ研修
整骨院勤務
くるみ整骨東豊中を開院
分院ではありません

・・・安心 安全・・・
臨床経験と豊富な実績
当院を受診され、効果を感じ、2回目のリピート患者様は実に9割 
触診で技術の違いを感じてください

*******************
当院では酷い肩こり、肩こり頭痛に特化した治療方法があります
肩こり専門治療
こちらは自費治療がおすすめです             ******************

痛みに悩んだら、いつでもご相談ください
06-6151-2963

(当院の特徴)
★S&I超音波治療
★本格ボディメイク受付中 
トレーニング設備あります
★無痛骨盤矯正 第4木曜日午後
★快適枕とマットレス販売
★スポーツ外傷 
★テーピング固定
★交通事故による頸部捻挫治療

~~~~~~~~~~~~~~~
☆USAカリフォルニア州立大学
 ロングビーチ校
 スポーツリハビリテーション講習参加

★カーレーサー佐藤琢磨
 アスレティックトレーナー 
 Take Komatsu講義参加
http://jap023.wix.com/sportsigaku#!about-take/cwwn

☆国家資格 柔道整復師

*************************
大阪府豊中市東豊中町6-15-15
06-6151-2963

お気軽にご相談ください

駐車場2台完備
駐車希望の場合は事前にご連絡ください
空き状況をお調べ致します
*************************

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR